うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

一口ビールグラスが新しく感じる

荻窪は朝から暗い空でしとしとと梅雨を思わせる雨が降っています。
高温多湿の季節になってきます。
こんな日本の天候から涼感をご馳走にもてなしする、
和の食、器の文化が培われてきました。

そんな涼感がご馳走になる器をテーマにした、
涼感がご馳走になる器展がはじまりました。

17_mimata_0015.jpg
新スキ台付一口グラス 2,700円
径6.3cmH10.5cm 程よく入れて100cc


たとえば、巳亦敬一さんの新スキ一口ビールグラスです。
蒸し暑くエアコンもなかった時には、
一口目の冷えたビールの味わいは、
どんなにかたま美味しい物だったことでしょう。

17_mimata_0016.jpg

その一口目の味わいを少しでも続けるためにと、
日本らしい発想から生まれたのが一口ビールグラスです。
まず一口で飲みきることでビールがぬるくならない、
次の一杯も冷たいビールを注げる。
この小振りなサイズが出来たのでしょう。

17_mimata_0017.jpg

今はエアコンもあり、
”まずはビール”の第一声も減り、
ビールの呑み方も多様化していて、
一口ビールグラスの出番は少なくなったようで、
あまり見かけなくなりました。
かえって新鮮に見えたり、初めて見た方さえいるようです。

17_mimata_0018.jpg

実際甘庵などは、
スパークリングワインにいいかも、
冷酒も似合うかも、
リキュール系も良いかもなどと、
冷えた飲み物を注いでグラスが結露する涼感を、
ビール以外で楽しんでみるイメージが広がりました。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3854-bae203c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad