うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

動きのある緑釉が涼しげ

日差しが強くなっていても、
昨日今日と爽やかな週末になっている荻窪です。
梅雨前の貴重な天気です。

今日の涼感をテーマにして選んだ器をご紹介します。
久保田信一さんの灰釉二彩五寸皿をご紹介します。

17_cool_0288.jpg
久保田信一 灰釉二彩(白土)小皿 2,592円
径15.5cmH3.5cm


鉄絵の具と灰釉が見せる、
緑の濃淡が流れ滲む景色は、
窯の中で良く焼かれて、
灰釉と鉄の反応で描き出せれています。

17_cool_0289.jpg

爽やかな彩りと動きのある文様は、
飽きがこずに四季を通してつかえますが、
この時期には不思議と涼感を感じます。

17_cool_0290.jpg

ゆったりと見込みへ続く曲面が、
程よい深さを持つ皿で、
煮汁やソースも受け止めて、
盛りやすい料理映えする五寸皿です。

17_cool_0291.jpg

陶器の軽さや重なりやすいデザインも、
使い勝手のよさを裏打ちしている、
お薦めの器です。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3860-9e61316e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad