うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

不思議なフォルムの碗

野波実さんの白磁細椀をご紹介します。
ありそうであまり見かけないフォルムの碗です。

縦長の飯碗?大きな湯呑み?大振りのカップ?
答えは手にいれて使う人が導き出すことで、
それも使う度答えが変わるかもしれません。

17_cool_0310.jpg
野波実 白磁細碗 2,600円 1客
径11cmH8.5cm 程よくいれて250cc


それだけ自由な碗だと思います。
飯碗としてみれば多少高めの姿から安定感がと考えても、
湯呑みのバランスから思えばそう不自然ではなく、
場所をとらずにという使い勝手もありになりそうです。

17_cool_0311.jpg

でも湯呑みとしてはかなり大きいですが、
程よくいれて250ccの容積から思えば、
マグカップ程度の大きさで、
むしろたっぷり飲みたい方には、
望む容積かもしれません。

17_cool_0312.jpg

そうこのぐらいのカフェオレボールなら良くある容積ですが、
普通はもう少し平たい姿のモノが多いでしょう。
でも、持って飲むことをイメージすると、
このカップのほうが飲みやすいと思える。

17_cool_0313.jpg

ありそうで無かったから不思議な姿に見えますが、
自由に使うことでイメージを膨らませてみると、
柔らかな頭の野波さんらしい器で、
なかなか使い勝手の良いデザインの器に思えます。

                 甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3869-f67b5f41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad