うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

非対称が美しい花器

巳亦敬一さんの片口花瓶をご紹介します。
アシンメトリーの姿に惹かれた先人たちは、
片口を器として見立てたり、
目的から離れてデザインとして使いました。

17_cool_0317.jpg
巳亦敬一 片口花瓶 B/Ye 5,985円
W12.5cmD9cmH15.3cm 控えめにいれて500cc 単品


ヤキモノでは多く見かけてきた片口型も、
身近になったガラスの食器にも見られるようになりました。
この花器も片口の持つ非対称なフォルムが、
美しくデザインされています。

17_cool_0318.jpg

高台裾から口端に自然な広がりをみせて、
繊細で緊張感のある口元まで伸びでいます。
高台部分の青い素地が上にいくほどぼかされる、
柔らかなグラデーションに黄色い*型の点文は、
上に行くほど黄色がはっきりとしています。

17_cool_0319.jpg

これも何気ないようでいて、
手の込んだ細やかな、
計算された技で生み出されています。

17_cool_0320.jpg

花瓶としてとどいていますが、
試してみると完全に片口としての機能を備えています。
それも実に繊細な注ぎ心地で、細く滑らかに注げ、
水切れも良く、スパッと潔く切れます。

控えめにいれても500cc入りますので、
酒豪が集まった宴には活躍できます。
また、ハーフボトルほどの量が程よい方なら、
デキャンタとして使うのも一興かと。
花器にしておくだけではもったいない、
美しいフォルムの花瓶です。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3870-3deca9f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad