うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

梅酒が飲みたくなったグラス

この数日は梅雨らしい天気で、
どうも蒸していて鬱陶しい毎日です。
こういうときには梅酒が飲みたくなります。
ご紹介する西川孝次さんのスキワイングラスを見ていて、
その思いが強くなりました。

17_cool_0306.jpg
西川孝次 スキワイングラス 4,104円
径8cmH11cm 程よくいれて50cc


飲み友のM氏から頂く自家製の梅酒が、
呑み助が作るからか、十年以上の良く寝かせてあるからか、
彼の家の大粒の梅が良いのか、
ともかくどれも美味いんです。

17_cool_0307.jpg

レギュラーのタイプだけでなく、
蜂蜜をつかったものや、ジンで漬けたものなど、
さっぱりしているもの芳醇なものと、
どれも美味しくてお裾分けにいただくのが、
楽しみになっています。

17_cool_0308.jpg

スッキリした角のない口当たりなので、
基本的に薄めずにいただいています。
とはいえそれなりにアルコール度数が高いのと、
大切にちびちびと、かつ格調高く楽しみたいので、
いつもモルトグラスのような小振りで、
脚のあるグラスにしています。
このグラスもそれにぴったりなイメージです。

17_cool_0309.jpg

小さい頃から(薄めてですが)、
暑気払いに、夏ばてしないようにと、
年寄りにすすめられて飲んでいて、
甘庵には整腸作用が感じられます。
それが梅の成分なのでしょう。
梅干しと同様に日本ならではの伝統的な健康食品なのでしょう。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3877-c564decf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad