うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

盛りつけやしつらえで涼感が楽しめる皿

今日の荻窪は真夏日になりそうな勢いで、
気温が上がってきています。
湿度も高くて蒸し暑さにぐったりです。
自然とご紹介する器は涼感のあるものになり、
西川孝次さんの縁返し青線アワ皿です。

16_open_0910.jpg
西川孝次 縁返青線アワ皿 4,104円
径17.5cmH2.3cm


アワを巻き込んだ涼しげな素地で、
縁を返して際に青線を施した、
丈夫で使い勝手の良い納まりです。

16_open_0912.jpg

吹きガラスは中空の球を作って、
口を開いて広げるために、
皿を作るにはテクニックが必要です。
そこに縁返しと青線の手間をプラスしながら、
重ねて見ると安定した重なりなのは、
西川さんの技量がはっきりと伺えます。

16_open_0911.jpg

重なりにも表れる見込みの緩やかな曲線の納まりは、
料理や果物やスイーツなどの盛りつけがしやすく、
涼感のある素地もあって涼やかに盛り映えします。

盛りつけるだけではなく、
ガラス小鉢や白磁や青磁のボールなどを受ける、
ソーサーとして組み合わせて使うことでも、
豪華な涼感の演出が楽しめます。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3881-efd9ef1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad