うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

本日限定サービス品は可憐なガラス皿

荻窪銀花は感謝祭開催中で、
常設品は全て10%割引です。
さらにお得な20%から50%引きのお買い得品もたくさんあります。
そして日替わりで限定のご奉仕品をご提供しています。
今日明日の限定品は巳亦敬一さんの小皿丸花文を、
定価から20%引きいたします。

16_open_0969.jpg
巳亦敬一 小皿 丸 花 R 4,212円
径13.5cmH3.5cm
感謝祭会期中は10%引きで3,790円です
7/29土と30日の限定で20%引き3,369円になります。


彩りも、シンプルな構図の花文も
可憐な表情の吹きガラスの小皿ですが、
見込みの深さバランス重なりの良さで、
間違いのなく使い勝手のよい実用品の仕上がりです。

16_open_0972.jpg

さり気なくまとまっている感じてしまいますが、
よく見ていてだくと巳亦さんならではの冴えた技で作られていて、
ベージュの素地の上に赤い下地を作り、
そこに白い花文を重ねて配置していて、
三寸五分の小皿の中に3段構えの立体感のあります。

16_open_0970.jpg

詳しくお話しすれは、
文様を描くための準備として、
ベージュと赤の不透明な彩りのガラスパウダーと、
トンボ玉の要領で作られた白い花文を、
それぞれ製作して用意しておきます。

16_open_0971.jpg

スキガラスを巻き取って丸く吹き、
花文のトンボ玉を配置して、
次ぎに下地になる赤いパウダーを取り入れ、
その上にベージュのパウダーで下地を作り込み、
その後で開いて形を整えて皿に仕上げています。

言葉でいうとこれだけですが、
ガラスが固まる前に行う巧みな技であって出来ています。
それがアートや美術品ではなく、
毎日使うための器に施してしまうという、
巳亦さんならではの作品が、
素晴らしいと思っております。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/3898-c7374700
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad