うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

鉢やボールが気が向く季節

南から順に梅雨入りしていっています。
今日の荻窪はどんよりして湿度があります。
遅からず梅雨がやってくる気配を感じる空模様です。

16_open_0916.jpg
小野寺友子 小野寺友子 白磁ボール 5,832円
径22cmH7.8cm


甘庵は麺類が好きなこともあるのですが、
蒸し暑くなってくると、
冷たい麺を食べる機会が多くなります。

17_mimata_0064_20180530112219334.jpg
巳亦敬一 台付ボール大 メッシュグリーン 14,040円
径18.5cmH6cm


そのために、六寸から八寸ぐらいの鉢の出番が多くなります。
シンプルにツユにつけて食べることが多くて、
茹で上がり水切りしてそのままの盛る時には6寸ほどが、
冷たい水や氷水に盛る時には大きくなってきます。

17_mitufuji_0065.jpg
光藤佐 粉引片口鉢7寸 10,800円
W21cmD19.7cmH8.2cm


夏野菜も甘みが増してきて、
サラダなど生野菜の食べる量が増えます。
これもまた鉢やボールの出番が多くなります。

18_kubota_0204_20180530112952623.jpg
久保田信一 栗虎釉八寸鉢 9,720円
径24cmH6.5cm


というわけで今から夏に向かって、
鉢やボールの出番が多くなり、
小腹が空いてくると自然と、
鉢やボールが目に入ってしまっているようです。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/4086-baa686a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad