FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

瑪瑙のようなガラスボール

今日の荻窪は朝から小雨がぱらついていて、
気温は高くないのですが、
動くと蒸し暑さを感じます。
梅雨も間近と思える天気です。

18_mimata_0181_20180606112040d52.jpg
巳亦敬一 石玉ボール 茶 4,536円
径14.3cmH4.8cm


今日ご紹介するのはそんな空模様に映える、
巳亦敬一さんの石玉ボール茶です。
ベージュの奥に茶が重見えて、
細かな螺旋の縞文が美しく、
色ガラスや手間が重ねられて、
この一碗が出来上がっていると想像できます。

18_mimata_0081.jpg

幾層が重ねられているのは、
裏を返すとすぐ分かります。
表や見込み側のベーシュがメインなのに対して、
裏は茶のガラスと細いモールの凹凸がみられます。

18_mimata_0078.jpg

透けてはいない不透明なガラスなのですが、
重ねられれて違う色のガラスが、
下の色も移し取りながら見える、
まるで瑪瑙のような奥深い表情を見せています。

18_mimata_0077.jpg

浅く広がったフォルムは、
凛とした品格のある姿で、
これからの季節には涼しげな演出を見せ、
秋以降の寒くなる季節でも、
温もりを感じた盛り付けになり、
四季を通して使いたいボールです。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/4092-d8620413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad