FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

喉と一緒に心も潤す茶器

朝から梅雨空の荻窪です。
気温は上がらなくても湿度が多くて、
鬱陶しい天気です。
蒸し暑く感じて冷たい飲み物が多くなりがちですが、
熱いお茶もいいものです。
頭がスッキリして後味もさっぱりして、
鬱陶しい気分が切り替わります。

18_kato_0210.jpg
加藤財 ポット黒 なすび 12,960円
容積450cc


そこでオススメなのが、
加藤財さんの急須やポットです。
繊細な作りで美し姿にまず心が和みます。

18_kato_0212.jpg

扱いも自然と丁寧になり、
それがゆったりした所作になるため、
気持ちを落ち着かせ穏やかになる気がします。

18_kato_0211.jpg

ご紹介しているポットに、
紅茶や中国茶や番茶やほうじ茶など、
熱い湯を注ぎ茶葉が開いて味を引き出すまで、
少しまたければなりません。

18_kato_0213.jpg

このちょっとした時間を、
面倒ととらえるか、待つ楽しみに変えられるかで、
お茶を味わう姿勢が決まります。
お茶をいれている時間を前向きに受け入れられれば、
注いでお茶で喉と一緒に心も潤すことができます。

そんな流れがオートマチックで楽しめる、
それが加藤さんの急須やポットです。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/4094-d69ab1f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad