うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

雨降りも楽しめる小皿

台風が太平洋側を列島に沿って北上しています。
その影響で荻窪も1日雨のようです。
空も暗くで気持ちが軽やかとはいきません。

18_chujo_0300.jpg
中條正康 銀彩水玉文四寸皿 4,320円
径12.5cmH2cm


そんな時には美味しい食べ物や飲み物が、
気分をアップしてくれます。
その時にお気に入りの器なら、
さらのハッピーになると・・・、
思うのは器好きな甘庵だからでしょうか。

18_chujo_0301.jpg

たとえば雨降りの今日のおやつを、
中條正康さんの銀彩水玉四寸皿でいただけば、
なんだか嬉しくなりそうです。

18_chujo_0302.jpg

全面銀彩下地の上に、
色絵で緑、水色、紫、黄色、黄緑などの、
大小の水玉文が描かれていて、
華やかながらも渋めで、
お菓子や料理を映えさせます。

18_chujo_0303.jpg

中條さんの器は基本陶器が中心ですが、
こちらは中條さんのルーツである、
瀬戸の半磁器なので丈夫で、
重なりが良い形状なので、
気兼ねなく普段使いで活躍します。

おやつにこの皿で水羊羹なんかいいかな〜。
渋めのお茶でいただければ、
梅雨空を忘れる午後のなりそうです。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/4095-8983711c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad