FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

控えめの色釉なのに艶やかで華がある

今日おすすめの器は、
甘庵でも美味しそうな料理ができる・・・、
そんな気にさせてしまう、
盛り付けに力強いサポートをしてくれます。
藤田佳三さんの褐釉輪花四方皿大です。

18_fujita_0166.jpg
藤田佳三 褐釉輪花四方皿 大 3,450円
□15cmH3.5cm


藤田さんのファンには、
赤絵や染付という絵付けの器の印象を、
お持ちの方が多いかもしれませんが、
藤田さんの若い頃は粉引や刷毛目などが中心で、
ご自身も渋めの器もお好きで、
実際とても良い仕上がりで使いやすい器です。
古いファンの方には馴染みのある作風です。

18_fujita_0168.jpg

試作を重ねて生まれた褐釉は新しい釉薬で、
黒釉や黄瀬戸や灰釉の良いところを備えつつ、
どこか華のある明るさをもっています。

18_fujita_0167.jpg

ともかく一番の魅力は、
料理映えがすることだとおもいます。

18_fujita_0169.jpg

切っただけの新鮮な夏野菜が瑞々しく、
豆腐の白が爽やかに、
素材そのままでも美味しさを引き立てて、
一品の料理に仕立ててくれる器です。

釉の特徴を藤田さんらしい、
四方皿でありながら輪花をほどこす造形で、
上品で艶めく魅力を盛り上げています。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/4100-f0887dbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad