うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

暑い時でも熱々の茶が美味い

雨が上がり蒸し暑くなってきた荻窪です。
気温が上がるとどうしても、
冷たい飲み物ばかりを口にしがちですが、
熱々のほうじ茶や番茶がけっこう美味いものです。

186_kubota_0237.jpg
久保田信一 栗虎釉猪口(カップ)2,160円 径8cmH6cm
加藤財 ポット黒なすび 12,960円 容積450cc


汗がひいいていない時には無理でも、
食後やおやつの時には熱々のお茶のほうが、
冷たい飲みものより後味がすっきりすると気がします。

18_kubota_0215.jpg

これはもしかして甘庵がそういうお年頃なのかもしれませんが、
体にも優し気がしています。
そうはいっても熱々もまた良くなさそうですが、
熱いのをふうふうして、冷ましながら飲む間が、
一気に飲んでしまうよりも良いような気がします。

18_kubota_0214.jpg

そんなイメージにぴったりな組み合わせとして、
間違いない加藤財さんのポットなすびに、
久保田信一さんの栗虎釉猪口(カップ)を取り合わせてみました。
良い感じにぴったりで、お茶の香りが漂ってきます。

18_kubota_0216.jpg

栗虎釉猪口は陶器らしい手持ちの軽さと柔らかな質感で、
熱々のお茶をいれたときに磁器やせっ器よりも、
冷めにくく手にも持ちやすいところもぴったりです。

それでいてしっかり焼いているのと、
口縁が集めて腰が薄い使い勝手の収まりで、
丈夫で扱いやすさが心強い器です。

                  甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/4103-dfb104c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad