FC2ブログ

うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

季節のごとに変えたくなる飯碗

まだまだ冷たい北風ですが日差しからは春を感じます。
季節の変わり目になると飯碗を変えたくなります。

18_chujo_0242.jpg
中條正康 飯碗小 3,780円
径11.5cmH5.5cm


季節の変わり目は飯碗を変えたくなります。
そんな方には中條政康さんの絵替わり飯碗が楽しめます。
色絵や金彩などで描かれたほんわかする絵付けは、
毎日のご飯が美味しく楽しみになります。

18_chujo_0243.jpg

今日ご紹介する絵柄は二つで、
これからの季節に綺麗に咲く椿文を梅紋です。
中條さんならではの柔らかな土肌を生かした、
温かみのあるデザインの文様です。

18_chujo_0244.jpg

中條さんの器は柔らかな陶器です。
使い手の優しさが必要で、ある意味贅沢な器ですが、
それ以上に得るものがあります。

手にした時の軽やかな掌の良さや、
使い込んでいくことで少しずつ侘びていく表情や、
分かりやすい絵付け文様なの飽きのこず、
使うほどに愛着が湧いてきて、
違う絵柄も使ってみたくなり、
季節の変わり目には新しい絵柄に目が行き、
使って見たくなる、そんな飯碗です。

              甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://utuwaya.blog74.fc2.com/tb.php/4253-62f14e2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad