うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

春を想わす器 10

この数日は晴れると日差しの強さを感じますが、
まだ油断すると大きな寒暖差に体が翻弄されます。
それも若い頃にはあまり感じなかったことで、
その意味からも季節の移り変わりに目がいったり、
感じ取る機会が増えているかもしれません。

16_winter_0856.jpg
葛西義信 マグカップ 菫文 3,888円
径8.2cmH8cm


さて今日ご紹介するのは、
葛西義信さんの菫文マグカップです。
年齢のこともあり制作の仕方を変えられたため、
葛西さんの器は残念ながら入荷がなくなりました。
丈夫で使い勝手の良い器をたくさん見せていただいたので、
とても寂しい気持ちです。

16_winter_0857.jpg

このマグは残りわずかな中の一つです。
呉須下絵染付の青と銅下絵釉裏紅の赤で描かれて菫(すみれ)は、
初め見たとき甘庵の身近に見る菫と少し違うなと、
牧野富太郎さんの植物図鑑で調べてみて、
北海道に多い菫を文様にしているとわかりました。
また菫の種類が思った以上に多くあることも知りました。

うつわ屋として37年間にたくさんの作り手や器と出会い、
多くのことを教えてもらってきました。
まあ〜ほとんど忘れていっています。
全部吸収するのは無理だったとしても、
もう少し努力しておくべきと悔やまれることもあります。

このマグがどなたかの元へ行くまで、
葛西さんから教わったチーズやバターの話など、
面白い話の記憶の整理して置くことにします。

                甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春を想わす器 8

菜種梅雨の季節なのでしょうか、
朝から雨がしっかり降り続けてる銀色の空です。
この雨はうるおいになり、
雨上がりの日差しで木々の芽を膨らませ、
野の草花を萌えさせることでしょう。

17_cyujo_1372.jpg
中條正康 春の野文
左:金彩絵替わり平鉢 4,860円 径15cmH5cm
中:絵替小皿 2,160円 径9.5cmH1.5cm
右:金彩絵替わり小皿 2,160円 径9.5cmH1.5cm


荻窪銀花の周りでは見つけづらくなりましたが、
ツクシやゼンマイや蕗の薹や野蒜といった、
美味しい春の山菜が、
春の味の記憶になっています。

17_cyujo_1371.jpg

そんな様子を文様として絵付けされた、
中條正康さんの器をご紹介します。

17_cyujo_1374.jpg

尾形乾山が描いていた文様絵柄を、
リスペクトして中條さんらしさが加えられ、
優しくて温かみのある絵柄になっています。

春の野の土や草の匂いが、
甘庵の記憶によみがえる、
春の想う器です。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

春を想わす器 7

近くに原っぱ公園という名前のままに、
そのほとんどが野原という公園があります。
雑草と言われそうなものが生えているだけの、
広々した空間に幼い子供が走り回っている長閑な公園です。
枯れ草のなかに春の野草が目立ったきていました。
野原が萌えだしてくる季節を感じ取りました。

17_mycup_1247.jpg
佐藤大寿 灰釉丸カップ 2,160円
径10cmH6.5cm 程よく入れて200cc


そんな様子が甘庵には重なった印象の、
佐藤大寿さんの灰釉丸カップをご紹介します。

17_mycup_1249.jpg

会津の鉄分を含んだ素地に、
ケイ酸の多い土灰釉が反応して、
淡い緑の禾目を見せていて、
とても爽やかな表情の釉調です。

17_mycup_1248.jpg

安定感がありながらころんとした形、
しっかりと持ちやすいハンドルと、
使い勝手のいい身近の器としての納まりが、
さりげなくデザインされているの点は、
とても好感を持てるカップです。

17_mycup_1250.jpg

いくつか並べてみれば、
土味、釉かけの濃淡、発色と、
一つずつがそれぞれの顔つきを見せている点が、
手仕事の温かみを感じる趣になっています。

良く焼けていて丈夫で扱いやすく、
樹ノ音工房の作品全般に言える、
良質なクオリティでリーズナブルな価格は、
お薦めできるカップです。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

前のページ 次のページ

FC2Ad