うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

三寸皿の魂尺まで

今日の荻窪は雨は上がってきたものの、
梅雨空がひろがりひんやりした週末です。
考え方では涼しく移動できる日なので、
ぜひお出かけください。

17_mitufuji_0356.jpg
光藤佐 白磁皿 3寸 2,160円
径9cmH2cm


今日ご紹介するのは光藤佐さんの白磁三寸皿です。
なかなか使えて重宝する、おすすめ小皿です。
磁器の扱いやすい丈夫さと気品を備え、
穴窯で焼かれ薪の灰や炎の窯変で侘びた趣も合わせ持つ、
小さいのに奥深い表情のある皿です。

17_mitufuji_0357.jpg

ことわざの「三つ子の魂百まで」になぞって、
三寸皿の魂尺までとしたくなります。
小さい皿での基本は大皿でも同じです。
作り手の力量そのものが反映します。

17_mitufuji_0359.jpg

皿の大きさ一杯まで見込みが広く平らで、
口縁がすっと立ち上がり、
使い勝手が広くとられていながら、
凛とした縁の処理から実用だけではない、
品のあるデザインになっています。

17_mitufuji_0358.jpg

丁寧でしっかりした高台は器の格を上げていて、
重ねたときの安定感を生む収まりになっています。
ディテール一つずつまでが、
上品さと実用性を裏付けています。

そしてなにより、
美味しそうに盛り映えします。
手塩皿で醤油を注ぐ普段使いでも、
珍味をそっと添えても生きる、
美しく使える三寸皿です。

          甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

このサイズがお茶が美味しく入ります

今日の荻窪は梅雨寒の一日になりそうです。
蒸し暑いのも鬱陶しいですが、
妙に涼しくて湿度があると、
体が変に冷えて芳しくない気分になります。
こんな時には濃いめの煎茶でシャキッとしたくなります。
そこでお茶が抜群に美味しく入る、
加藤財さんの急須白後手丸をご紹介します。

17_kato_0518.jpg
加藤財 急須白 後手丸 10,800円
容積200cc


この急須で径が8cm高さが8.5cmほどです。
野球のボールを一回り大きくした程度で、
初めてご覧いなると小さいという心象を持たれる方が多いようです。

17_kato_0519.jpg

そのためHPなどではサイズより容積で表示しています。
この急須で程よく入れて200ccです。
一般的な急須の容積と比べて小ぶりです。
ところがこのぐらいまでのサイズが、
お茶を美味しく入れるには程よいサイズなのです。

17_kato_0520.jpg

食後の熱いお茶も美味しいのですが、
気持ちの切り替えや心休めるために、
少し時間を切り取って、
お湯の茶葉に合わせた温度管理をして、
茶葉が開くまで待つ時間を楽しみば、
少し濃いめのトロリとした煎茶が味わえます。

17_kato_0521.jpg

急須に合わせて少し小ぶりの碗に注げば、
綺麗な緑と香りを楽しめます。
これになれると必然になってきます。
空がどんよりしていても、
すうっと心が澄んでくるのがわかります。
ぜひ、おすすめします。

               甘庵

ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

雨降りも楽しめる小皿

台風が太平洋側を列島に沿って北上しています。
その影響で荻窪も1日雨のようです。
空も暗くで気持ちが軽やかとはいきません。

18_chujo_0300.jpg
中條正康 銀彩水玉文四寸皿 4,320円
径12.5cmH2cm


そんな時には美味しい食べ物や飲み物が、
気分をアップしてくれます。
その時にお気に入りの器なら、
さらのハッピーになると・・・、
思うのは器好きな甘庵だからでしょうか。

18_chujo_0301.jpg

たとえば雨降りの今日のおやつを、
中條正康さんの銀彩水玉四寸皿でいただけば、
なんだか嬉しくなりそうです。

18_chujo_0302.jpg

全面銀彩下地の上に、
色絵で緑、水色、紫、黄色、黄緑などの、
大小の水玉文が描かれていて、
華やかながらも渋めで、
お菓子や料理を映えさせます。

18_chujo_0303.jpg

中條さんの器は基本陶器が中心ですが、
こちらは中條さんのルーツである、
瀬戸の半磁器なので丈夫で、
重なりが良い形状なので、
気兼ねなく普段使いで活躍します。

おやつにこの皿で水羊羹なんかいいかな〜。
渋めのお茶でいただければ、
梅雨空を忘れる午後のなりそうです。

             甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

前のページ 次のページ

FC2Ad