うつわ屋のつぶやき

うつわ好きの甘庵が、やきもの・吹きガラス・漆器などの、四季折々の身近な和食器を使う楽しさをお伝えします。荻窪銀花で催される企画展の器をご紹介し、使い方から、作り方、作り手のことなど、毎日お伝えします。

楽しみが深いそばちょこ

今日ご紹介するのは光藤佐さんの白磁そばちょこ大です。
これは使える器です
白磁とありますがパッと見は灰釉に見えます。

口縁の鉄巻きが穴窯で焼かれて、
窯の中に舞う灰と合わさり、
良い感じに黄色く発色しています。

17_mitufuji_0339_201806211102087cf.jpg
光藤佐 白磁そばちょこ 大 3,456円
径8.5cmH6.5cm 程よく入れて150cc


そのため丈夫な磁器の素地と、
温かみのある釉調をもった仕上がりになっています。
この点が器の味わいの深さと、
美味しそうな盛り映えを生み出したいます。

17_mitufuji_0340_201806211102092e2.jpg

盛ってよし、持ってよし、口当たりよしの、
使い勝手の良さなども、
奥深い収まりから読みとることができて、
器好きにはとても楽しい器です。

17_mitufuji_0341_20180621110211b0e.jpg

形は間違いなく使い回しの効く、
そばちょこ型ですので、
細かいところが光藤収まりです。
まずは外で軽くかえした口縁です。
口をつけた時のやわらかな口当たりを生に、
鉄巻きの切り替えしの収まりにもなっています。

17_mitufuji_0342_20180621110212ff7.jpg

高台の削りも美しく唸ってしまいます。
二段構えの面取りの後の畳付き、
高台内は二重に削られアクセントになり、
畳付きの素地見せ部分の緋色の発色は、
ずっと高台を見ていたくあるほどの、
穴窯ならではの美しい窯変です。

と日常の器なのにもかかわらず、
器好きにマニアックな喜びをくれる、
なかなか楽しみが深いそばちょこです。

            甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

控えめの色釉なのに艶やかで華がある

今日おすすめの器は、
甘庵でも美味しそうな料理ができる・・・、
そんな気にさせてしまう、
盛り付けに力強いサポートをしてくれます。
藤田佳三さんの褐釉輪花四方皿大です。

18_fujita_0166.jpg
藤田佳三 褐釉輪花四方皿 大 3,450円
□15cmH3.5cm


藤田さんのファンには、
赤絵や染付という絵付けの器の印象を、
お持ちの方が多いかもしれませんが、
藤田さんの若い頃は粉引や刷毛目などが中心で、
ご自身も渋めの器もお好きで、
実際とても良い仕上がりで使いやすい器です。
古いファンの方には馴染みのある作風です。

18_fujita_0168.jpg

試作を重ねて生まれた褐釉は新しい釉薬で、
黒釉や黄瀬戸や灰釉の良いところを備えつつ、
どこか華のある明るさをもっています。

18_fujita_0167.jpg

ともかく一番の魅力は、
料理映えがすることだとおもいます。

18_fujita_0169.jpg

切っただけの新鮮な夏野菜が瑞々しく、
豆腐の白が爽やかに、
素材そのままでも美味しさを引き立てて、
一品の料理に仕立ててくれる器です。

釉の特徴を藤田さんらしい、
四方皿でありながら輪花をほどこす造形で、
上品で艶めく魅力を盛り上げています。

             甘庵



ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

多様な味わいが見つかる小さなガラス器

小さな器は食卓に楽しいアクセントになって、
料理の構成に味わいを増します。
だからこそいろいろ使える使いたくなる器が、
嬉しいものです。

18_mimata_0025.jpg
巳亦敬一 新スキ珍味グラス(冷酒器) 3,024円
径6.9cmH7.3cm


今日ご紹介する巳亦敬一さんの、
新スキ珍味入れ冷酒器は、
そんな小さいけど多用性の高い、
お役立ち間違えない器です。

18_mimata_0026.jpg

作り手の巳亦さん自身も、
いろいろ使って欲しいという思いから、
名称に二つの違う使い勝手を表記したようです。

18_mimata_0027.jpg

器として盛り付けてもらうことと、
酒などの飲料や汁を注いでもらうこと、
そして手で持ち口に運び、
口当たりの良さを味わってもらいたい。
それが楽しめて生きる器です。

18_mimata_0028.jpg

素直に纏まっているフォルムは美しく、
飽きのこないデザインでいて、
カップ部に切り替えのある二段のモールと、
程よい広がりが盛り付けの良さと、
口当たりと飲みやすさを両立させていて、
技のある収まりが圧縮されています。

高杯型の台のある姿は、
晴れやかに食卓に華を添え、
カップから台の受け部分まで続くモールが、
光を集め輝き、陰影を落として、
艶やかな演出になります。

小さいけど積極的に使っていただくことで、
楽しさが多様に発見できる、
おすすめのガラス器です。

           甘庵


ランキングアップは皆様のクリックがたよりです。
励みになるのでよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 コレクションブログ 食器・テーブルウェアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ご協力ありがとうございます。

テーマ:日用品・生活雑貨 - ジャンル:ライフ

前のページ 次のページ

FC2Ad